2Dシンボル作成の操作概要

2Dシンボル作成の操作概要は以下の通りです。

*次のシンボルを例に操作手順を説明します

 

 

①「2Dシンボル作成」プログラムを起動し、新規作成の状態とします。

②「円」を選択し、半径を150mmとして「OK」をクリック。

③作業画面(ビュー)上の任意の位置でクリックして、円を配置。

④続けて「文字」を選択し、入力文字をS、文字サイズの幅・高さをいずれも200mmとして「OK」をクリック。

⑤文字が円の中央部にくるように合わせてクリックして、文字を配置。

⑥「外郭自動作成」をクリック。
*円の形状に合わせて外郭線が自動作成されます

⑦「配置基準線設定」をクリックし、続けて円の中心を起点、右方向に終点を順にクリックし、配置基準線を配置。
*配置基準線の長さは任意です

⑧「名前を付けて保存」をクリックし、作成した2Dシンボルを登録。
*配置分類、属性情報はそれぞれ「2Dシンボル」
*名称を「感知器テスト」とする(ファイル名は自動的に入力される)
*登録先フォルダは「フォルダ作成」を行い追加したフォルダを選択(フォルダ名は任意)
*その他は初期設定のままで「OK」をクリック

⑨登録した2Dシンボルを、プラン図の「2Dシンボル配置」で選択し、プラン上に配置。

 
image\return.png 2Dシンボル作成