画像処理:(11500058)

「画像処理(E)」の各メニューを選択することで、レンダリング画像に、スケッチ風、油絵風、水彩画風等のエフェクト効果をつけることができます。

目的の方向のレンダリングを実行(image\1602_24.pngが押されているときは、4面全てをレンダリング)し、「画像処理(G)」のメニューから目的の効果を選択します。

エフェクト効果は、「画像切替(K)」のメニューで、「元画像」と「処理結果」を切り替えて確認ができます。

目的の表現になったら、画像を登録します。

 

image\icon_tyuui.png 画像処理は累積される

画像処理は、現在の表示状態に対して、さらに効果がかかることになります。
例えば、「ぼかし-強」をかけた後にすぐに「ネガ風」を選択すると、ぼやけた状態がネガ風になります。表示をリセットしたい場合は、「画像切替(K)」の「元画像」を選択してください。

 

image\icon_sansyo.png 

 

 

 image\return.png カラー立面のヘルプメニュー