レンダリング:(11500063)

3Dパースでレンダリングを実行した場合は、レンダリングのウィンドウが開きますが、
立面図では、リアルシェーディング表示と同じ領域でレンダリングが描画されます。

 

東西南北のうち、1面をレンダリングする場合は、目的の面をアクティブにします。4面すべてをレンダリングする場合は、image\1602_24.pngを押し下げてから、レンダリングを実行します。

ショートカットキー[1]~[3](日本語入力OFFで有効)でも、レンダリングを実行できます。

 

4面連動について

東西南北のうち、1面をレンダリングする場合は、目的の面をアクティブにします。
4面すべてをレンダリングする場合は、image\1602_24.pngを押し下げてから、レンダリングを実行します。
ただし、ファイナルギャザーでは、ONのままを実行すると、警告が表示されますので、OFFにします。

 

右クリック、[ESC]キーで描画をキャンセル

レンダリングの描画中に右クリックもしくは[ESC]キーを押すと、描画を途中でキャンセルすることができます。

 

 

 image\return.png カラー立面のヘルプメニュー