部材一括変更:(11250001)

作成した物件で、初めてメインメニューの(外皮性能計算)をクリックした場合は、自動的に部材一括変更の部材設定仕様テンプレートの選択画面が起動します。

画面下にある「地域区分」などのボタンをクリックして、それぞれ設定を行い、一括変更をクリックします。

矢印ボタンでも、順番に設定画面が切り替わります。

 

部材設定仕様テンプレートの選択

システムの初期仕様、地域別ZEH基準適合仕様例以外に、独自の設定を仕様として保存し、他物件でも選択することができます。

独自の設定は、選択したテンプレートから設定を変更して一括変更を行った際に名前を付けて保存できます。

部材設定仕様には、地域区分、断熱材位置①、②、③、断熱仕様①、②、横架材高さ、庇の設定が保存されます。

設定を変更して「一括変更」をクリックすると、変更した仕様を保存するか確認画面が表示されます。

 

※緑色テンプレートは、地域別ZEH基準適合仕様例で、右側の地域仕様、外皮基準、断熱材種類から表示を絞り込むことができます。

 

更新機能

プラン図、屋根伏図を変更した場合、それまでに外皮性能計算で設定した情報は保持され、変更された箇所のみ更新されます。

 

部材一括変更の再実行

ツールバーの(部材一括変更)をクリックすると、全部材の一括変更をやり直すことができます。「ツール」→「部材一括変更」からも選択できます。

 

部材種類ごとの一括変更

ツールバーの各アイコンをクリックすることにより、部材種類ごとの一括変更が可能です。「ツール」メニューからも選択できます。