壁量チェック結果の表示:(11110001)

耐力壁を配置後に、をクリック、もしくは「ツール(T)」の「チエック結果の表示(T)…」を選択すると、建築基準法と性能表示に基づいた各階の壁量チェックとつりあいチェックなどの算定結果が表示されます。

タブをクリックすると、壁量チェック結果の表示を切り替えることができます。

 

耐力壁線配置後は、「耐力壁線間隔・床倍率チェック」のタブをクリックすると、耐力壁線間隔と床倍率チェックの結果が表示されます。

 

耐力壁モードで、チェック結果の表示中に限り、問題のある端部に赤色の○を表示します。ただし、2×4工法の時は表示しません。

 

準耐力壁(雑壁)については、「面材・筋違と柱チェック」の対象外です。

 

「準備入力:詳細設定」の「壁量係数」の設定によって、チェック結果が異なってきますのでチェックを実行する前にご確認ください。

 

「細長比チェック」→「プラン柱読込み」を実行後は、「柱の有効細長比」を確認できます。判定は、有効細長比が150以下の場合はOK、150を超えた場合はNGです。1つでもNGの場合は、総合判定がNGとなります。壁量柱が存在しない階の判定は反映しません。

 

令46条のつりあいチェックの結果のみがNGとなり、その他のチェックがOKだった場合にだけ、「壁量チェック結果の表示」の建築基準法による判定欄に「注意」とオレンジ色で表示します。

 

チェック結果ダイアログの「性能表示による判定」の等級は、性能表示におけるチェックで、全ての条件が満たされていないと表示されません。

 

チェック結果を表示中の場合、柱の修正は、すぐには反映されません。
ダイアログを閉じてから、再度をクリックしてください。柱の修正が反映されます。