仕上表のウィンドウ:(11140022)

仕上表起動時の自動作成

メインメニューの「仕上表」のショートカットimage\0033_32.pngをクリックし、仕上表ウィンドウが開くと同時に、「プラン図」「屋根伏図」の読み取りを実行し、仕上表を自動作成します。一度作成されていれば、次回起動時には、作成済みの仕上表を表示します。自動作成では、すでに登録してある複数の仕上タイプから、「物件概要」で設定してある「建物タイプ」に応じた初期設定を採用します。

仕上表のウィンドウは、以下のような構成になっています。
仕上表の階層を表示するツリービューと、仕上一覧を表示するリストビューに分かれています。
例えば、ツリービューの内部仕上表の1階をクリックすると、1階の内部仕上一覧が表示されます。

プラン図の間取りに同一の部屋名が存在する場合、個別に仕上情報の設定ができません。
同一の部屋名が存在する場合は、プラン図にて自動連番を実行するか、部屋名を変更してください。