図面をCADデータに出力する:(11200083)

一括配置、もしくは手動配置で作成した伏図を、CADデータに変換して出力します。

変換後の線色・線種は、「基本設定」で設定しておくことができます。

(伏図図面出力)では、通常の伏図図面を出力します。

(合板図面出力)では、床合板、屋根合板をメインとした図面を出力します。

  1. 目的に応じて、image\0396_24.pngまたはをクリック
    *「ツール(T)」メニューから選択してもかまいません。
  2. 図面出力のダイアログが表示されるので、次の内容を設定
    ・出力階 …初期は伏図を作成した階すべてが出力対象ですが、「出力階選択(O)…」をクリックすると、出力階選択ダイアログが表示され、出力対象を変更できます。
    ・出力部材…伏図に配置した部材について、出力する・出力しないを設定します。「出力部材(B)…」をクリックすると、部材の種類に、チェックボックスが付いて表示されます。チェックマークを付けた部材が出力する部材です。全部材をまとめてON・OFF設定することもできます。また、配置部材以外に、グリッド線の出力の有無も設定できます。
    ・中間階合成…中間階合成の有無を設定します。
    ・表現テーブル…部材の出力表現を設定したテーブルを選択します。
    ・線色テーブル…部材の出力線色を設定したテーブルを選択します。
    ・線種テーブル…部材の出力線種を設定したテーブルを選択します。
  3. 設定後「OK」をクリック
    *出力処理後、図面出力のウィンドウとファイル選択のダイアログが開きます。
  4. 伏図名のいずれかをクリックし、「OK」をクリック
    *伏図名をダブルクリックしてもかまいません。

以上の操作で、選択した伏図が表示されます。

表示する伏図を切り替えたり、表示制御のアイコンを利用し図面の全体や細部を確認後、CADデータ保存を実行します。画像出力も可能です。