屋根面:(10060075)

屋根面を手動で入力します。

事前に下書き線や補助線を入力しておくと、屋根面の入力が容易になります。

image\0522_24.pngをクリックすると、右の作図モードが表示されます。image\MEN_YANE_MODE_ICON.png

「配置(D)」→「面作成(M)」→「屋根面(M)」を選択しても同様です。

 

矩形配置

image\icon_sousa.png

image\0153_24.pngをクリック

②矩形の対角2点を起点-終点で指定

 

多角配置

image\icon_sousa.png

image\0169_24.pngをクリック

②多角形の角を起点-終点-終点・・・で指定

③[スペース]キー、またはダブルクリックで閉じる

 

面指示

image\icon_sousa.png

image\0601_24.pngをクリック

②下書き線で囲まれた面の内側を指示

*下書き線で囲まれた面のみを対象とします。補助線は対象外になります。

 

image\icon_tyuui.png 屋根面の自動オフセット

屋根面を入力する際に外壁上を指定すると、屋根のサイズは自動的にオフセットされます。例えば1階の屋根で、2階の外壁と接する部分は、壁に食い込まないように50mmオフセットされ、その他の外壁上は75mm外にオフセットされます。

 

 image\return.png 面作成