補助線:(10090011)

グリッドや屋根線上にのらないような部材を配置する際に、グリッドの代わりとなる下書き線として、補助線を利用します。

補助線の交点・端点、および補助線とグリッドの交点は、カーソルをセットできます。

 
  1. ツールバーのimage\0415_24.pngをクリック
    *「ツール(T)」の「補助線(H)…」を選択してもかまいません。
    *補助線のダイアログが表示されます。
  2. オフセット値を入力
  3. 「OK」をクリック
  4. 起点-終点を指示
  5. オフセット方向を指示
    *オフセット値0の場合は、方向の指示はありません。
補助線の伸縮

入力済みの補助線を伸縮することができます。

image\icon_sousa.png

  1. image\0116_24.png(要素選択)をクリック
    *「編集(E)」の「要素選択(S)」を選択してもかまいません。
  2. 入力済みの補助線をクリック
  3. 右クリックし、表示されるメニューから「伸縮(S)」を選択
  4. 伸縮させたい端点を指示
    *マウスを動かすと“×”も移動しますので、目的の端点に“×”が付いたらクリックします。
  5. 伸縮位置を指示
    *マウスを動かすと端点も移動しますので、目的の位置でクリックします。