単独階段について:(10030190)

単独階段の「かね折れ階段」と「折り返し階段」は、「直階段」と組み合わせて配置することを想定してあります。

「直階段」は先でも後でもかまいませんが、後で配置する階段は、先に配置した階段を指示するだけで配置され、連続した表現になります。

以下は、「直階段」+「かね折れ階段」の例です。

 

image\KAIDAN_TANDOKU.png

廻り部分の分割数

「かね折れ階段(単独)」の廻り部分は、6分割まで可能です。
「折り返し階段(単独)」の廻り部分は、7分割まで可能です。