メニューバー:ファイル

新規作成

白紙の用紙から始めて図面を新規に作成します。
新規作成を行うには、以下のいずれかの方法で実行します。

  • 図面マネージャランチャーの「新規作成」をクリック
  • をクリックします。
  • 「ファイル(F)」の「新規作成(N)」を選択します。
「新規作成」からの操作概要
開く

作成済みの図面データを選択して開きます。
以下のいずれかの操作で実行します。

  • 図面マネージャランチャーの「開く」をクリック
  • をクリックします。
  • 「ファイル(F)」の「開く(O)」を選択します。

「開く」を利用して既存のファイルを開いたときは、各ページをリンクOFFしている状態になりますので、図面の内容を最新の状態に更新する場合は、リンクONの状態に切り替えてください。

図面のリンクON/OFFの切り替え
テンプレートとして開く

作成済みの図面データを選択してテンプレートとして開きます。
テンプレートとして開く場合は、元の図面からファイルリンク・表リンク・文字リンクの内容がクリアされ、リンク情報だけが引き継がれます。

各図面を更新することで、起動中プランの詳細図を読み込みます。(一部の図面は自動作成した上で読み込みます)

以下のいずれかの操作で実行します。

  • 図面マネージャランチャーの「テンプレートとして開く」をクリック
  • をクリックします。
  • 「ファイル(F)」の「テンプレートとして開く(L)」を選択します。
 「テンプレートとして開く」からの操作概要
テンプレート追加読込み

作成中の図面(図書)に、テンプレートを追加読込みします。
作成中の図面の最後にページ追加されます。

以下のいずれかの操作で実行します。

  • をクリックします。
  • 「ファイル(F)」の「テンプレート追加読込み(T)」を選択します。

テンプレート追加読込み後、表示順や図面No.を変更するには、図面ビューの右クリックメニューにある「一覧編集」で変更できます。

 保存

 作成中の図面データをファイルに保存します。

「新規作成」や「テンプレートとして開く」から作成を行う図面だけではなく、「開く」から呼び出した図面データについても、名前を付けて保存の扱いになります。

上書き保存する場合は、保存する場所・図書名を変更せずに「OK」をクリックします

以下のいずれかの操作で実行します。

  • をクリックします。
  • 「ファイル(F)」の「保存(S)」を選択します。
2次元CADデータとして出力

図面マネージャで作成した図面を、JW-CADなどの2次元CADソフトに取り込み編集される場合に、データを変換して出力します。

出力形式は「JWCAD(*.JWW)」または「KINGCAD2000(*ZCD)」です。

実行するには「ファイル(F)」の「2次元CADデータとして出力(C)」を選択します。

全ページ図面更新

読み込んだ図面データの全ページを対象に、最新情報に更新します。

*自動作成に対応した図面は、図面の再作成も行います。

実行するには「ファイル(F)」の「全ページ図面更新(U)」を選択します。

*図面ページ数やプラン・図面の内容によっては、全ページ図面更新に時間がかかる場合があります

印刷

 作成した図面をプリンター等に出力(印刷)します 。

以下のいずれかの操作で実行します。

  • をクリックします。
  • 「ファイル(F)」の「印刷(P)」を選択します。

印刷時に出力対象のON/OFFを選択できます。

 *プリンタ、用紙等の設定を行ってから印刷してください

印刷(電子データ用)

作成した図面をプリンター等に出力(印刷)します 。

通常の「印刷」との違いは、PDFなどの電子データとして出力することを想定して、全ページを1つのファイルにまとめて出力することです。

以下のいずれかの操作で実行します。

  • をクリックします。
  • 「ファイル(F)」の「印刷(電子データ用)(B)」を選択します。

印刷時に出力対象のON/OFFを選択できます。

 *プリンタ、用紙等の設定を行ってから印刷してください

madric A’sおよび図面マネージャには、PDF出力の機能は搭載されておりません。

PDF出力するには、Windows10の場合は標準搭載の「Microsoft Print to PDF」を利用できます。

それ以外の場合は、市販のPDF作成ソフトをお使いください。

終了

  図面マネージャプログラムを終了します。

以下のいずれかの操作で実行します。

  • ウィンドウ右上のをクリックします。
  • 「ファイル(F)」の「終了(X)」を選択します。