外皮性能計算の概要:(11250010)

設計した建物の外皮性能を計算することができます。

省エネルギー基準を以下のいずれかに設定できます。

 

H25 年基準・・・・経過措置として平成29 年3 月31 日まで使用可能

H28 年基準・・・・平成28 年4 月1 日施行

 

プラン図、屋根伏図、高さ設定で入力済みのデータを利用し、建物全体の仕様を設定することで、UA値、ηA値(ηAC値) 等の計算を行うことができます。

基準をクリアしているか、リアルタイムに判定を行います。

 

また、一次エネルギー消費量計算に必要なq値(単位温度差あたりの外皮熱損失量)、mC値(単位日射強度あたりの冷房期日射熱取得量)、mH値(単位日射強度あたりの暖房期日射熱取得量)、居室等の分類による床面積も合わせて計算します。

 

UA値は、住宅の内部から外部へ逃げる熱量を、外皮全体で平均した値です。
ηA値(ηAC値)は、入射する日射量に対する室内に侵入する日射量の割合を、外皮全体で平均した値です。

 

◇H28年基準について

H28年省エネルギー基準に基づく計算では、下記の概要となります。

 

外皮性能判定

UA値     : 外皮平均熱貫流率

ηAC値  : 冷房期の平均日射熱取得率

 

外皮性能計算から一次エネルギー消費量計算ウェブプログラムに連携する情報

UA値、ηAC値、ηAH値、外皮面積、地域区分、居室等の分類による床面積

 

 

image\return.png 外皮性能計算のヘルプメニュー