壁の種類:(10030114)

ツールバーのimage\0128_24.png(壁)をクリックすると、壁種類のアイコンが表示されます。

「配置(D)」からメニューをたどって壁を配置することもできます。

壁種類によって、作図モード、表現が以下のように異なります。

 
壁種類 配置方法 表現
(全壁) (単独配置)(矩形配置)(連続配置)
(張出配置)(角丸め)
(内部塗り潰し)
(腰壁) (単独配置)(張出配置)(高さ指定配置)
(角丸め)
(実線枠)
(下り壁) (単独配置)(張出配置)(高さ指定配置)
(角丸め)
(二重細点線)
(腰壁+下り壁) (単独配置)(張出配置)(角丸め) (実線枠+内部細点線)
(下り壁+框線) (単独配置)(張出配置)(角丸め) (一点鎖線+細点線)
(框線)  (単独配置)(連続配置)(張出配置)
(角丸め)
(長点線枠)
(登り壁) (単独配置)(高さ指定配置) (実線枠+矢印)
(斜下り壁) (単独配置)(高さ指定配置) (実線枠+矢印+斜線)
(R下り壁) (3点配置 点) (実線枠+矢印+R線)
(全開口) (単独配置)(矩形配置)(連続配置)
(張出配置)(角丸め)
(点線)
(半壁) (単独配置)(連続配置)(張出配置)
(角丸め)
(内部塗り潰し)
(ふかし) (3点配置 方向) (内部塗り潰し)
(壁幅変更) (3点配置 方向)  
(外部腰壁) (単独配置)(張出配置)(高さ指定配置)
(角丸め)
(実線枠)
(外部下り壁) (単独配置)(張出配置)(高さ指定配置)
(角丸め)
(細点線枠)
(外部登り壁) (単独配置)(高さ指定配置) (実線枠+矢印)
(外部斜下り壁) (単独配置)(高さ指定配置) (実線枠+矢印+斜線)
(外部R下り壁) (3点配置 点) (実線枠+矢印+R線)
(ポーチ壁) (単独配置)(矩形配置)(連続配置)
(張出配置)(角丸め)
(内部塗り潰し)
(真壁) (部屋指示) (部屋内点線)
(真壁解除) (部屋指示)  
(腰壁手摺) (単独配置) (枠付きの太点線)