床倍率自動配置:(11110027)

床倍率自動配置を実行すると、耐力壁線を配置し床倍率のチェック(必要床倍率≦平均存在床倍率の判定)をします。

 
  • image1036_24.png(床倍率チェック)→image1036_24.png(床倍率自動配置)とクリック、もしくは「配置(D)」→「床倍率チェック」→「床倍率自動配置(A)」を選択
    • 耐力壁の配置状況を踏まえて耐力壁線を配置します。
    • 同時に耐力壁線で挟まれた範囲(床区画)ごとに平均存在床倍率と必要床倍率を算定し、「必要床倍率≦平均存在床倍率の適否」によってOK、NGの判定を行います。
    • 既に耐力壁線が配置してある状態で床倍率自動配置を実行すると、「耐力壁線が存在します。これらを削除して配置し直しますか?」とメッセージが表示されます。
      「はい(Y)」を選択すると、既に配置してある耐力壁線を削除して自動配置します。
      「いいえ(N)」を選択すると、自動配置を中止します。

壁線の種類(内容)・線色


耐力壁線の条件:その通りの存在壁量  ≧ その通りの奥行長さ×0.6 かつ 4m

床倍率簡易判定

表の上段から、その床区画の
・存:平均存在床倍率
・地:(目標等級に応じた)耐震必要床倍率
・風:耐風必要床倍率

 

基準を満たしている場合は緑色、満たしてない場合は赤色で表示されます。

 

「設定」の「準備入力」で火打構面存在床倍率計算における基準が「小区画単位」にしている場合、床倍率簡易判定は表示されません。

 
床倍率自動配置は耐力壁配置後に

image1032_24.png(耐力壁)で耐力壁を配置した後に、床倍率自動配置を実行してください。

床のハッチング色

耐力壁線によって挟まれた床区画ごとに、目標等級による基準を満たしている場合は水色のハッチングが表示され、満たさない場合は青色のハッチングが表示されます。

下図表示について

床倍率チェックのモードで、当階の屋根、上階の吹き抜け、及び階段領域を下図表示します。