図面マネージャの処理概要

図面マネージャでは、複数の図面ページをまとめて保存した「図書」というデータ単位で管理します。
ひとつの図書にはひとつの「マスター図面枠」を設定し、マスター図面枠を変更すればすべての図面ページの図面枠が置き換わります。
統一した書式を利用できます。
 
図書内のそれぞれの図面ページには、平面図や立面図、配置図などの詳細図データのほか、面積表や凡例表などの各種表などを読み込みレイアウトし、それぞれのプランで作成するデータとリンクして処理されます。
 
作成した図書は、別のプランでテンプレートとして利用でき、自社仕様の図面一式の作成が簡単にできるようになっています。
 
 

新規作成から開始して図面を作成する操作概要は次の通りです。

①「新規作成」をクリックし、「マスター図面枠の選択」で図面で利用するかを選択し「OK」をクリック
*あらかじめ用意したマスター図面枠を利用するか、マスター図面枠自体を利用しないこともできます
*意図した図面枠データがない場合は「図面枠の作成/編集」を行います

②「マスター図面枠」を利用する場合、ファイルを選択し「OK」をクリック

③「図面の追加」で「図面枠表示の有無」「図面名称」「図面No」「図面作成日」を指定し、OKをクリック

④「図面リンク」「表リンク」「文字リンク」を利用して、用紙上に要素を読込みレイアウト
*「図面リンク」では、各プログラムで作成する詳細図を選択して読み込みます
*「表リンク」では「表作成」プログラムで作成した表を選択して読み込みます
*「文字リンク」では、物件概要や数量算出結果などの起動中プランに関する文字情報を選択して読み込みます

⑤2ページめ以降を追加する場合は、図面の追加を実行します
*左側の図面ビューの図面を右クリックし「図面の追加(A)」を選択、または左上のをクリック
*③~④の操作を繰り返します

⑥図面作成後、必要に応じて「印刷」「2次元CADデータとして出力」「保存」を行う

 

 

「テンプレートとして開く」から開始して図面を作成する操作概要は次の通りです。

①「テンプレートとして開く」をクリックし、利用したい保存済みの図面(図書)を選択

②「図書」に含まれる複数ページのうち、利用したいページにチェックを入れて「開く」をクリック
*選択したページの一覧が左側の図面ビューに表示されます

③図面ビューの各ページをクリックすると、リンクの内容が更新され起動中プランの図面や面積表などが表示される
*各プログラムで詳細図を保存済みであればそのまま読み込み、保存されていないものでも可能なものは自動作成されます。
*図面が作成されていない図面リンクをダブルクリックすると関連するプログラムを起動でき、そこで条件を入力して図面を作成します。

④一通り図面の作成が完了したら、必要に応じて「印刷」「2次元CADデータとして出力」「保存」を行う

 

 

 

図面マネージャ