建物仕様:(1101)

壁、柱、仕上げ等の建物仕様を設定できます。

建物タイプ 該当なし/木造一般仕様/木造デラックス仕様/2×4仕様/バリアフリー仕様/鉄骨造仕様/寒冷地一般仕様/寒冷地H仕様/木造根太レス仕様のいずれかを選択します。
基本情報」の「建物タイプ」と連動しています。
「マスター登録(M)」をクリックすると自社の建物仕様を登録して、再利用できます。
建物仕様
壁・柱 登録済みのリストを選択することによって、壁の厚み、柱のサイズの初期値を設定することができます。
「壁・柱設定(K)」をクリックすると、壁の厚みや柱のサイズの設定を確認・登録することができます。
外部仕上
内部仕上
外部と内部の仕上・下地の初期値を設定することができます。
「仕上設定(S)」をクリックすると、「仕上表初期値設定ツール」が起動し、外部・内部の仕上・下地材の確認・登録・設定ができます。
基礎 基礎の種類の初期値を設定することができます。
「基礎パッキン工法」は、の場合は基礎パッキン、の場合は床下換気口として初期設定されます。
基礎伏図や矩計図の基礎種類の初期値が設定されます。
根太 根太レス、根太工法の初期値を設定することができます。
矩計図や床伏図等の初期値が設定されます。
配置済みのデータに反映させる方法

物件概要で設定する壁の厚みや柱のサイズは新規に配置する壁や柱の初期値です。
配置済みの壁の厚みの設定変更は、プラン図の「設定(S)」⇒「壁厚み設定(X)…」から設定ができます。

 

 

仕上表を起動すると仕上情報が設定されますので、仕上表を起動した後は仕上表の「ツール(T)」⇒「再作成」や「設定(S)」⇒「仕上タイプ設定」から設定を変更することができます。