境界入力

作成中の物件で、初めてメインメニューまたはクイックメニューの(建もの燃費ナビ)をクリックし外部環境を入力後、「OK」をクリックすると境界入力の画面が表示されます。
境界入力では、各部材ごとに建物の断熱材の外面と内装下地の内面(石膏ボード内面位置)を一括設定します。イラストや説明文を参考に設定してください。
建物の容積と内法気積の計算に利用します。

「次へ(N)>」をクリックすると、次の各部の設定画面に進みます。「<戻る(B)」をクリックすると、一つ前の設定画面に戻ります。
最後の設定の「窓境界」では、「OK」をクリックします。

境界入力

必ず建物の入力が完了してから行ってください

建物の入力(プラン図、屋根伏図、高さ設定)が終わっていないと、正しい燃費計算ができません。
まだ建物の入力が完了していない場合は、「キャンセル」をクリックし、建もの燃費ナビの操作の流れを参考に建物の入力を行ってください。

外壁・基礎の外皮面積の基準位置

「軒高さ」「階基準」「基礎高さ」が外壁・基礎の外皮面積の基準位置となります。「階基準高さ」をクリックすると、高さ設定(高さ設定)の「階基準高さ」の設定画面が表示され、各高さの確認、変更が行えます。ツールバーの階基準高アイコンのクリックも同様です。

複数の断熱方法や寸法が含まれる場合

複数の断熱方法や寸法などが含まれる場合は、ここではまずは最も使用の多い断熱パターンの値を設定してください。設定後、(部材一覧)で個別に変更を行ってください。

境界一括変更の再実行

設定後、ツールバーの(境界入力)をクリックすると、全部材の一括変更をやり直すことができます。「ツール」→「境界入力」からも選択できます。

境界の種類ごとの一括変更

設定後、ツールバーの各境界設定アイコン境界入力アイコンをクリックすることにより、境界の種類ごとの一括変更が可能です。「ツール」メニューからも選択できます。

全ての部材を設定

設定済みの境界も含め、全ての境界を一括変更します。

未設定部材のみ設定

未設定の境界のみを一括変更します。
設定済みの境界は変更しません。